院内感染について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,072
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     院内感染は今日、きわめて重要な社会問題となっており、わが国のみならず世界中でその対策は最重要課題の一つとなっている。
     院内感染とは、医療施設に於ける入院患者や医療従事者が病院内において感染する感染症であり、その発生要因は多岐にわたるが、一度発生した場合、その影響はきわめて大きなものとなる。すなわち、院内感染が発生すると患者は原疾患に加え、余分な感染症による多大な苦痛を背負うことになるばかりでなく、原疾患にも悪影響をもたらすこととなる。また、患者のみならず、家族からも医療従事者に対する不信が生じてくるばかりか、ときとして医療紛争や訴訟にまで発展することもある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     (お題)院内感染について述べてください。
    院内感染は今日、きわめて重要な社会問題となっており、わが国のみならず世界中でその対策は最重要課題の一つとなっている。
     院内感染とは、医療施設に於ける入院患者や医療従事者が病院内において感染する感染症であり、その発生要因は多岐にわたるが、一度発生した場合、その影響はきわめて大きなものとなる。すなわち、院内感染が発生すると患者は原疾患に加え、余分な感染症による多大な苦痛を背負うことになるばかりでなく、原疾患にも悪影響をもたらすこととなる。また、患者のみならず、家族からも医療従事者に対する不信が生じてくるばかりか、ときとして医療紛争や訴訟にまで発展することもある。さらに、一度感染が発生すると、入院日数も長くなり、医療費が増加することにもなる。このように、院内感染の発生は医療全体の問題にまで発展しうる非常に大きな問題であるということを認識する必要がある。 
     国際的に対策上の問題となっている最近の院内感染は、従来からの伝染性疾患に加えて、医学の進歩の結果として急増した易感染患者(感染抵抗性の弱い人たち)に引き起こされる感染性の低い微生物、平素無害菌..

    コメント2件

    osumikai 購入
    まとまった文章でした。
    2006/05/17 10:40 (10年6ヶ月前)

    みるく 購入
    分かりやすい文章でした
    2006/07/02 19:04 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。