介護福祉士及び医療職との連携について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数802
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護概論 レポート (約1700字)
    課題:社会福祉士の立場から、介護福祉士及び医療職との連携について、現状と課題を検討しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護概論 レポート
    課題:社会福祉士の立場から、介護福祉士及び医療職との連携について、現状と課題を検討しなさい。
    1997(平成9)年に介護保険法が制定され、介護を必要とする高齢者の自立を国民全体で支援するという仕組みができあがった。
     これによって、従来の措置型介護から契約型介護へと大きな変換を遂げた。そして、これまでの保健・医療・福祉と、縦割りだった行政の状態を、地域福祉の観点から再編成し、横断的にネットワーク化することにより、個々のニーズや状態に即した介護サービスが適切かつ効果的に提供されるサービス体系が確立されるに至った。
     このような状況の中、社会福祉士の立場から、介護福祉士および医療職との連携ついて、その現状と課題について考えていきたい。
     まず介護福祉士においては、これから我々が社会福祉士として働くにあたり、いちばん深く、密に連携していかなければならない職種であるといえる。ちなみに両職種の違いはというと、社会福祉士の業務が助言、相談への対応が主な業務であるのに対し、介護福祉士の業務は、直接その人の身体に触れて必要な介護を行うものであるとされている。しかし現場において社会福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。