コミュニケーションについて 社会福祉援助技術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,321
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助技術演習 レポート (約1900字)
    課題:コミュニケーションの「送り手」は「二重のメッセージ」をもつことが可能であるとされていることの意味を説明し、メッセージの内容明確化のために「受け手」がとるべき態度について、自分の考えを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉援助技術演習 レポート
    課題:コミュニケーションの「送り手」は「二重のメッセージ」をもつことが可能であるとされていることの意味を説明し、メッセージの内容明確化のために「受け手」がとるべき態度について、自分の考えを述べなさい。
    人間同士が互いに信頼関係を持つためにはコミュニケーション(意志の疎通)が必要とされる。特に我々が業務を行うにあたっての援助者と利用者の関係では、コミュニケーションの質が、適切な援助をするための判断や実践行為の適・不適につながることになる。
     コミュニケーションとは、一定の意味・内容を、サインを媒体とし、ある生活主体からほかの生活主体に伝える過程である。意志の疎通とも訳され用いられている。特に、対人援助の過程では、利用者の話・表現を積極的に傾聴し、共感しつつ、受容し、表出される意味・内容を共有していくことが課題となっている。
     ちなみにコミュニケーションの「送り手」は「二重のメッセージ」を発するとされている。ここでは、その二重のメッセージについて、それぞれの持つ意味を考え、それによって「受け手」はどのように受け止めれば良いかについて考えたい。
    まず一つ目の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。