面接 その意味

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数582
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報レポート社会面接言語人間課題援助人間関係福祉

    代表キーワード

    面接

    資料紹介

    社会福祉援助技術演習 レポート (約1800字)
    課題:面接は「目的をもった会話」であると言われますが、
    その意味を簡単に説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉援助技術演習 レポート
    課題:面接は「目的をもった会話」であると言われますが、その意味を簡単に説明しなさい。
    我々がソーシャルワーカーとして実際に業務をするにあたり、利用者への働きかけは面接を通じて行われる。
    面接には①インテーク(情報収集のための面接)②アセスメントのための面接③介入のための面接などがある。そして実際の面接とはこれらが複合して行われている。
     面接は「目的をもった会話」であるといわれているが、日常的な会話と何がどのように違うのかというと以下の点にまとめられる。     
    1.面接には明確な目標があるので、目的を遂行するために選択される。
    2.面接者は目標に向かって動くため、相互作用を方向づける責任がある。
    3.ふつうの会話には、面接者と被保険者という関係はない。
    4.利用者の行動が常に自発的で計画的なものとはいえないが、面接者の行動は計画され、面接にそって意識的に選択されなければならない。
    5.専門職者は、利用者の依頼を受け入れる義務があるが、会話にはその義務はない。面接では、相互作用に集中的に注意を向けることが求められる。
    6.面接には目的があるので、たい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。