アセスメントとプランニングの視点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数660
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助技術論 レポート (約1800字)
    課題:個別援助技術におけるアセスメントとプランニングとその視点について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉援助技術論 レポート
    課題:個別援助技術におけるアセスメントとプランニングとその視点について論じなさい。
    個別援助技術の過程において、援助が開始されてから終結までの時間的な段階を、初期の段階、進行の段階、終結の段階と3区分に分けることができる。全体の流れとして、援助の開始期、インテークから始まりアセスメント、プランニングとなり、援助の展開期においては「介入」、アドボカシー、面接、環境への働きかけ、ケアマネジメント等があげられ、つぎにモニタリングが行われる。そして援助の終結期において、再評価を行う。
     全体としてはこのような流れになっているが、今回は初期段階のアセスメントとプランニングについて主にとりあげたい。
     まずアセスメントとは、問題行動に対する援助を始めるにあたっての事例評価であり、利用者のおかれた状況とそのニード、利用者と環境とのシステムの相互交流、解決を必要としている問題の全体像を把握するように情報収集し、問題を明確化、分析し解決のために統合する過程を言う。
    アセスメントを行う際、注意しなければならないことは、さまざまな問題のなかから個別援助の対象とする問題を選定す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。