心理学 人間はなぜ行動するのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数602
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理学 レポート (約2000字)
    課題:人間はなぜ行動すると思うか。
    動機づけ理論や強化理論などを参考にしながら述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心理学 レポート
    課題:人間はなぜ行動すると思うか。動機づけ理論や強化理論などを参考にしながら述べなさい。
    行動には必ず動機というものがある。心理学では「動機」が人間を行動に駆り立てる要求、衝動、欲求、欲望等を含む概念としている。人間に行動を喚起させ、その活動を方向付け連続させる一連の力学的な心理過程を「動機づけ」という。動機づけの心理学では、人間を行動に駆り立てる動機を生理的動因と社会的動機の2つに分類している。
    生理的動因は基本的欲求とも呼ばれ、個体の生命の維持あるいは種の繁栄のために欠くべからざる欲求である。それに対して社会的動機は、社会生活を通して獲得される動機で、優越、達成、承認、自己顕示、支配、攻撃、親和、模倣獲得などの欲求をあげることができる。
     生理的動因と社会的動機が行動を喚起させるということを述べたが、つまりこれら「欲求」を満たすために私たち人間は行動していると言える。この「欲求を満たす」ということが心理学でいう「報酬」である。この「報酬」には外的なものと内的なものがある。外的な報酬というのは、例えば働いて得られる金銭や承認のことである。このような外部からの報酬に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。