児童福祉論 いじめについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数706
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童福祉論 レポート  (約2000字)
    課題:教育現場では、いじめ・暴力・不登校が問題になっている。何故このような問題が続発しているのか、その問題点を検討しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     児童福祉論 レポート
    課題:教育現場では、いじめ・暴力・不登校が問題になっている。何故このような問題が続発しているのか、その問題点を検討しなさい。
    学校教育は歴史とともに充実し発展してきた。今日においても年々整備され、社会の発展の基盤を支えている。しかし、最近改めて学校教育におけるさまざまな病理現象が指摘されている。なかでもいじめ、校内・外暴力、不登校などである。これらの反社会的問題行動および非社会的問題行動は、大人社会の現象に対する子どもの心の鋭い反応に起因している場合が少なくない。そこで、何故このような問題が連続しているのか、その問題点を検討していきたい。
    まず、いじめに関して言えば、最近、文部科学省の行った調査によると、いじめは3~4割の学校で発生しているという。しかし、現実にはそれ以上で、陰湿ないじめも含めれば、発生率はかなり高いものと思われる。いじめは典型的な人権侵害であり、「いじめられるほうも悪い」という論理は成立しない。この事態に対応する為には、各教師による、さらには、学校全体の規模によるいじめに対する真剣な取り組みが改めて要請されなければならない。しかしながら、いじめ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。