精神保健福祉士が果たす専門性と役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,962
ダウンロード数89
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    精神保健福祉援助技術各論 レポート (約2000字)
    課題:我が国において、精神障害者が自己実現を目指して地域生活をおくるにあたっては、様々な障壁があると言わざるを得ない。そのような中、精神保健福祉士が果たす専門性と役割について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神保健福祉援助技術各論 レポート
           
    課題:我が国において、精神障害者が自己実現を目指して地域生活をおくるにあたっては、様々な障壁があると言わざるを得ない。そのような中、精神保健福祉士が果たす専門性と役割について述べなさい。
    精神障害者が地域生活をおくるにあたって
     精神障害者が地域で生活するには、複合的な支援が総合的に展開されることが必要である。これまでわが国では、さまざまな機関や人びとが生活支援に携わってきたが、機関間、支援者間の連携が十分に行われていなかった。また、支援の視点は、専門家の判断が重視され、利用者の主観的世界にまで配慮されてこなかった。これからの精神障害者の地域生活支援を考えるにあたって、専門家主導ではなく、利用者主導で実施され、利用者が自己実現をはかるものでなくてはならない。そのために精神保健福祉士が果たすべき役割と、その専門性について以下に述べていきたい。
     精神保健福祉士が果たす役割と専門性
    精神保健福祉士が行う援助の専門性とは、ひと言でいうならばソーシャルワークに要約されるであろう。では、そのソーシャルワークとはどのようなものかというと、実践に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。