精神障害者の就労について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数372
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神医学 レポート 約1550文字
    課題:パーソナリティに問題がある患者にとって、
    就労とは何と思うか考察しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神医学 レポート
    課題:パーソナリティに問題がある患者にとって、
    就労とは何と思うか考察しなさい。       
    精神障害者の社会参加の1つの形として、働くことが当事者にも家族にも、社会的にも目指す姿として漠然と描かれている。障害の有無にかかわらず、一般に働くことの意義については①自立して生きるために金銭を得ること②社会人としての立場や地位を得ること、③社会的有用観を感じて自己実現を図れることが挙げられる。しかし、働くことによって自己実現を図ることの難しさは言うに及ばず、最近はフリーターやニート等の出現により、社会人としての立場すら意義を見出さない人もいる。だが、日本は、働かざる人への社会の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。