日本における大学ブランド

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数793
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学習理論の中で、条件づけ理論、認知説、社会的学習理論について、各々の相違点が明らかになるよう、概要をまとめよ。

    ●学習理論
    学習理論においては、パブロフやワトソンが主張した古典的条件付けの理論や、スキナーが主張したオペラント(道具的)条件付けの理論などが挙げられる。
    普通、空腹な常態の犬にえさを与えれば唾液を出す。このときえさは無条件刺激(UCS)、唾液は無条件反応(UCR)と呼ばれる。パブロフはえさを与える直前にベルを鳴らすという実験を行った。このように2つの動作をワンセットにして行うことを連合と呼ぶ。この動作を繰り返すうち,犬はベルの音を聞くだけで唾液を出すようになった。連合によって,ベルがえさの持つ唾液を誘発するという特性を獲得したからである。この際のベルの音を条件刺激と呼び、条件刺激によって引き起こされる反応を条件反応と呼ぶ。このようにもとは意味のなかった刺激が別の刺激とペアになることで意味のある刺激となることを古典的条件付けという。この条件が成立した後、今度はえさを与えずにベルのみを鳴らしていると徐々に唾液は出なくなる。これを消去という。
    パブロフが犬を使った実験を行ったのに対しワトソンは古典的条件付けに関する子供を使った実験を行った。その実験は以下のようなものである。子供を実験室でおもちゃを使ってあそばせておく。その背後でシンバルを鳴らす。当然子供は泣く。それを何度か続けるうちに子供はおもちゃを見ただけで泣くようになる。おもちゃが条件刺激となったからである。神経症や恐怖症はこの古典的条件付けの理論によって説明できると考えられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習理論の中で、条件づけ理論、認知説、社会的学習理論について、各々の相違点が明らかになるよう、概要をまとめよ。
    ●学習理論
    学習理論においては、パブロフやワトソンが主張した古典的条件付けの理論や、スキナーが主張したオペラント(道具的)条件付けの理論などが挙げられる。
    普通、空腹な常態の犬にえさを与えれば唾液を出す。このときえさは無条件刺激(UCS)、唾液は無条件反応(UCR)と呼ばれる。パブロフはえさを与える直前にベルを鳴らすという実験を行った。このように2つの動作をワンセットにして行うことを連合と呼ぶ。この動作を繰り返すうち,犬はベルの音を聞くだけで唾液を出すようになった。連合によって,ベルがえさの持つ唾液を誘発するという特性を獲得したからである。この際のベルの音を条件刺激と呼び、条件刺激によって引き起こされる反応を条件反応と呼ぶ。このようにもとは意味のなかった刺激が別の刺激とペアになることで意味のある刺激となることを古典的条件付けという。この条件が成立した後、今度はえさを与えずにベルのみを鳴らしていると徐々に唾液は出なくなる。これを消去という。
    パブロフが犬を使った実験を行ったのに..

    コメント6件

    ayumememe 購入
    参考になりました
    2006/10/13 13:52 (10年2ヶ月前)

    tetuji13 購入
    参考になりました。
    2006/10/14 15:44 (10年2ヶ月前)

    spark 購入
    参考になりました。
    2006/11/27 10:26 (10年前)

    joeyabuki 購入
    抜けている項目などもあり、内容も乏しかった。
    2006/12/01 18:35 (10年前)

    kojimasato 購入
    ありがとうございました
    2007/01/08 21:21 (9年11ヶ月前)

    kerokerogaer 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/06/17 6:37 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。