人間の性質

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,458
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「人格とは何か、主な人格のとらえ方(理論など)を簡潔にまとめ、さらに人格形成の要因とそれがどのように作用するか、主なものを説明せよ。」
    ●?類型論、?特性論、?階層構造論、?力動論
    今日、「人格」ということばは、非常に多義的に用いられている。「人格」とは何かを考えるにあたって、まず、4つの理論―?類型論、?特性論、?階層構造論、?力動論を見ていこうと思う。「?類型論」においては、ガレノスの体液気質説があり、多血質、黒胆汁質、胆汁質、粘液質、の4つの気質に分類するものであり、クレッチマーの性格類型論とは、体格と人格に相関があるとし、肥満型の人は躁うつ性気質、細長型の人は分裂性気質、闘志型の人にはてんかん性気質と名づけた。シェルドンは、消化器官の発達がよい人は内胚葉型、筋肉・骨格の発達がよい人は中胚葉型、神経系統の発達がよい人は外胚葉型とした。また、ユングの向性理論は、人間の生命エネルギーである「リビドー」が主として下界に向かいやすいか、事故の内界に向かいやすいかによって人を分けることが出来るという考えである。「?特性論」において、オルポートは、行動を観察することで推測し、心誌を作成した後、総合的に示す方法を展開した。キャッテルは因子分析法を用いて特性を抽出し35の表面特性、12の根源特性を示した。ギルフォードも因子分析によって13の特性を抽象し、YG性格検査の基礎となるモデルを作成した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格とは何か、主な人格のとらえ方(理論など)を簡潔にまとめ、さらに人格形成の要因とそれがどのように作用するか、主なものを説明せよ。」
    ●①類型論、②特性論、③階層構造論、④力動論
    今日、「人格」ということばは、非常に多義的に用いられている。「人格」とは何かを考えるにあたって、まず、4つの理論―①類型論、②特性論、③階層構造論、④力動論を見ていこうと思う。「①類型論」においては、ガレノスの体液気質説があり、多血質、黒胆汁質、胆汁質、粘液質、の4つの気質に分類するものであり、クレッチマーの性格類型論とは、体格と人格に相関があるとし、肥満型の人は躁うつ性気質、細長型の人は分裂性気質、闘志型の人には..

    コメント5件

    fivexrose 購入
    シンプルにまとめられていると思う
    2006/05/13 21:57 (10年7ヶ月前)

    mugicha01 購入
    分かりやすくまとめられており、とても勉強になりました。
    2006/07/05 23:27 (10年5ヶ月前)

    kannansige 購入
    大変参考になりました。
    2006/07/06 1:14 (10年5ヶ月前)

    happy1208 購入
    文章がまとまっていて分かりやすいと思います
    2006/07/24 9:57 (10年4ヶ月前)

    midnight408 購入
    とても参考になりました。
    2006/11/08 23:06 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。