「思いやり」の発達における受容体験と葛藤体験の重要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,126
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    思いやりの発達は、乳児期における周囲の大人から受容される体験、つまり暖かさやおおらかさといった情操面の表現を受けることにより実現されると考えられる。子どもは、「受容体験」を通し、人見知り・母子分離不安を経て大人への信頼感を形成し、情緒が安定する。情緒の安定とは、「受容体験」や自己受容を経験するなかで、特定の養護者との愛着が成立することにより生じる状態で、情緒や自主性の発達の基盤ともなる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    思いやりの発達は、乳児期における周囲の大人から受容される体験、つまり暖かさやおおらかさといった情操面の表現を受けることにより実現されると考えられる。子どもは、「受容体験」を通し、人見知り・母子分離不安を経て大人への信頼感を形成し、情緒が安定する。情緒の安定とは、「受容体験」や自己受容を経験するなかで、特定の養護者との愛着が成立することにより生じる状態で、情緒や自主性の発達の基盤ともなる。自己受容とは、自分をありのまま受け入れ、それを表現することであるが、情緒の安定が得られると、その一つである自由な気持ちの表現および活動が可能となる。自己受容が盛んに行われると探索活動や第一反抗期といった自己主張..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。