幼児期の自然体験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数972
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    木々の新緑や紅に染まった夕暮れ雲、悠然とそびえ立つ山々、湧き水の冷たさ、鳥や虫の声、潮の香りなどの刺激は、幼児の五感に直接働きかけ、感動や驚きを与えてくれる。子どもは身近な自然の中で、自己の全存在をかけて遊びに熱中しながら、自然の美しさ、神秘で不可思議な自然現象や事象を原体験し、情緒的・感性的・知的経験を深めていく。このような体験は、子どもの豊かな感性を育み、内発的に知的好奇心や探究心を喚起させ、子どもは主体的に自然の働きに対応しようとする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然界は、幼児の経験の無限の豊庫であり、五感に働きかける不思議な刺激が満ち溢れている。 木々の新緑や紅に染まった夕暮れ雲、悠然とそびえ立つ山々、湧き水の冷たさ、鳥や虫の声、潮の香りなどの刺激は、幼児の五感に直接働きかけ、感動や驚きを与えてくれる。子どもは身近な自然の中で、自己の全存在をかけて遊びに熱中しながら、自然の美しさ、神秘で不可思議な自然現象や事象を原体験し、情緒的・感性的・知的経験を深めていく。このような体験は、子どもの豊かな感性を育み、内発的に知的好奇心や探究心を喚起させ、子どもは主体的に自然の働きに対応しようとする。その結果、子どもの自然は拡大され、変化されて、子どもと自然との循環的な相互作用が機能し、子どもの自然認識が構築されていくのである。自然に対する驚きや感動は、自然を積極的に活用した体験を通すことにより、動植物、水、土、気象などの自然に関する知識を深め、その関連性や重要性を理解することにつながる。自然に対する理解は、日常生活における環境保全や自然愛護への態度を培い、地球規模の環境問題への認識を高めることにもなる。しかし、近年、子どもたちが自由に遊べる身近な自然や広場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。