児童文化財と児童のことばの発達

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数9,421
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童文化財は、子どもの発達を促す環境の一つであり、生きる力のエネルギー源となる楽しさがいっぱい含まれている。児童文化に親しむことは、子どもたちの情緒を安定させ、創造性を高め、情操を豊かにする。子どもは成長過程で多くの児童文化に出会う。子どもたちを取り巻く環境が大きく変化している中、優れた文化財との出会いは、ますます重要になっている。そのため、保育者は文化財の理解を深め、自ら継承できる人的環境を目指す必要がある。児童文化には、絵本、紙芝居、ペープサート、童話、パネルシアター等がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童文化財は、子どもの発達を促す環境の一つであり、生きる力のエネルギー源となる楽しさがいっぱい含まれている。児童文化に親しむことは、子どもたちの情緒を安定させ、創造性を高め、情操を豊かにする。子どもは成長過程で多くの児童文化に出会う。子どもたちを取り巻く環境が大きく変化している中、優れた文化財との出会いは、ますます重要になっている。そのため、保育者は文化財の理解を深め、自ら継承できる人的環境を目指す必要がある。児童文化には、絵本、紙芝居、ペープサート、童話、パネルシアター等がある。中でも、絵本や紙芝居は、子どもの言葉の発達や、知識や感性、想像力などを育て、社会性や道徳性、基本的生活習慣を身につけるのに欠かすことができない。
    絵本の役割は、第一に、絵が文字に至る手段であること、第二に、子どもの知識や経験の乏しさを補い、想像力に後押しすること、第三に、しっかりした物の見方のできる目に訓練することである。絵本は、文字への橋渡しや知識伝達、芸術的経験として大きな意味をもつ。絵本はページをめくることによって進行する。次のページへの期待と、予測をもってページをめくることを楽しむ。保育者は、ページを..

    コメント2件

    szmr2006 購入
    要領よくまとめてあってたすかります。
    2006/09/01 0:40 (10年3ヶ月前)

    uraura 購入
    参考になりました。
    2006/10/03 18:33 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。