学校はいかにあるべきか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数345
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、社会が工業化から情報化へ大きく変貌するにつれ、子どもたちをとりまく環境も大きく変わってきた。ゆとりのない生活、核家族化や少子化の進行や父親の存在感の希薄化、過保護や放任、虐待増加、地域連帯感の希薄化などによる社会性の不足や倫理観の低下、自立の遅れ、健康や体力の低下、学校生活への満足度の低下、加熱した受験競争と通塾率の増加、いじめや不登校の増加、大量生産・大量消費による地球環境、エネルギー問題、国際化・情報化、科学技術の進展による急激な変化など数え切れないほどの問題がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年、社会が工業化から情報化へ大きく変貌するにつれ、子どもたちをとりまく環境も大きく変わってきた。ゆとりのない生活、核家族化や少子化の進行や父親の存在感の希薄化、過保護や放任、虐待増加、地域連帯感の希薄化などによる社会性の不足や倫理観の低下、自立の遅れ、健康や体力の低下、学校生活への満足度の低下、加熱した受験競争と通塾率の増加、いじめや不登校の増加、大量生産・大量消費による地球環境、エネルギー問題、国際化・情報化、科学技術の進展による急激な変化など数え切れないほどの問題がある。
    現在、これらの課題を解決するべく、「生きる力を育む」という教育方針のもと、ゆとり教育が実施されいる。「生きる力」とは具体的には、「自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力」、「自らを律しつつ、他人と共に協調し他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性」、「たくましく生きるための健康や体力」の3つがあげられている。ゆとり教育の主な内容は、学校週5日制、学習内容の3割削減、総合的な学習の時間の設置である。基礎・基本の確実な定着を図り、個性を重視した指導を行..

    コメント1件

    usi0375 購入
    さんこうになりました
    2007/09/18 17:17 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。