E.C.Tolman & C.H.Honzik (1930)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,226
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    潜在学習とはある経験や知識が人間やその他の有機体によって習得され、それらがその場ではなく、その後の必要な状況の際に作用が生じることである。観察者は、学習が起きた際には明確に認知できないが、強化が起きた際にははっきりと認知できる。トールマン(Tolman)は複雑な迷路を用いて、3つの条件でラットを訓練した。この実験の結果から判明したことは、迷路の空間的配置に関する学習(認知地図の形成)は潜在的に起こるということである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    潜在学習(Latent Learning)
    E.C.Tolman & C.H.Honzik (1930)について
    潜在学習とはある経験や知識が人間やその他の有機体によって習得され、それらがその場ではなく、その後の必要な状況の際に作用が生じることである。観察者は、学習が起きた際には明確に認知できないが、強化が起きた際にははっきりと認知できる。トールマン(Tolman)は複雑な迷路を用いて、3つの条件でラットを訓練した。この実験の結果から判明したことは、迷路の空間的配置に関する学習(認知地図の形成)は潜在的に起こるということである。
    その実験の内容は以下になる。
    R群:目標箱の中にいつも餌のある条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。