医療制度の現状と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数962
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療制度の現状と課題
    機能分化と連携の有用性に関し、コーディネート機能の役割について
    ――機能ユニットの視点を含んで――
    財政構造改革や医療制度改革を通じた資源の効果的・効率的利用、つまり医療費の抑制が盛んに叫ばれているが、現在のわが国の医療機関は、多くの医療機関が診療科の種類を増やすことで患者を確保するという体制をとっており、近隣の医療機関は協力相手ではなく競合相手となっている。要するに、様々な機能を横断的・総合的に集積し、手広く門戸を開く万屋的な役割を担ってきた訳である。
    そのような競合の結果として、広い分野への投資による多額の経費による病院の経営難、資力の分散化による医療技術開発の遅れ、経営難から来る人員削減や労働環境の悪化、過剰な検査や受診率の増加など、医療サービスの低下と資源の無駄遣いを招いている。このような医療の非効率性の要因として、医療機関の機能分化が不十分であることが挙げられる。医療機関間の役割分担が曖昧だったため円滑な連携もままならず、資源利用効率は非常に悪くなるのである。医療資源の有効活用のためには、病院内外の機能を効率的に分化させ、その機能を更にユニット化して円滑..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。