行動療法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数4,017
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    行動療法ABABA行動分析心理学

    代表キーワード

    心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行動療法について
    (1) 行動療法とは
    行動療法は、応用行動分析(ABA)とも言われ、社会的・臨床的に重要な問題解決のために行動分析学を応用したものである。行動分析学は米国の心理学者であるB.Fスキナーが行動主義心理学を発展したことにより広まった。行動分析学では人を含むすべての動物の「行動」が研究対象とされ、一般的に「こころ」の現象とされている意識や思考、情動なども人の内部で生じる「行動」と捉えられる。「行動」の変化における「環境」の影響を考え、「行動」と「環境」の関係を分析していく。治療目標の設定から治療計画を立てるまでの一連の作業が行動分析である。
     行動療法では症状や問題行動は誤った適応の仕方の学習の結果であったり適切な対処能力の欠如の結果であると考え、症状や問題のメカニズムを明らかにし、新たな行動様式の学習を行う事を援助する。行動療法の一般的特徴として、①不適応行動を誤学習や学習の欠落としてみること。②環境要因を重視する応用行動分析にしろ、認知的要因を重視する認知行動療法にしろ、現在の生活場面に焦点を当てる。③治療計画は科学的に実証された研究知見に基づいて立案され、効果判定に単..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。