精神障害者に対する偏見・差別とその社会的背景について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数12,140
ダウンロード数53
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)はじめに
    精神障害者に対する偏見・差別は、未だ社会の中に根強く残っており、それが彼らの地域生活・社会参加の機会を奪う大きな一要因となっていることは間違いないであろう。例を挙げれば、グループホームに越してきた精神障害者たちに対して「気狂い」と直接的に精神障害者へ発言し、挨拶も受け付けず出て行けと言う隣人、住民の気持ちを考えろと訴え、精神障害者を「何をするか分からない人達」と定義し、専門職の説明に聞く耳を持たない町内会長。彼らの行動は極端に映るかもしれないが、今日の地域社会を鮮明に描いているのではないだろうか。もし自分の住む地域で精神障害者関係の施設が建設されるとなれば、同様の反対運動が起こるであろう。このような偏見・差別の形成されている社会的背景を踏まえ、精神障害者の地域生活について考察していきたい。
    (2)問題背景
    精神障害者は健常者に対してマイノリティであると見なされてきた。マイノリティは例外も少なくはないが概して民主主義であっても少数となる為、一般的に法的・社会経済的・その他において不利益を被る事が多い。精神障害者たちはその偏見や差別によりマイノリティとされるが、同時にマイノリティとされるが故に偏見や差別が広がる、という悪循環に晒されてきたのではないかと考えられる。これらの社会心理現象はある種の社会的な「正当性」を持つとされ、障害者理解への大きな障壁となっている。
    偏見は予めの判断、先入観、極度に単純化された固定概念として理解されている。偏見にはそれが形成される構造があり、「ある事実・実態・情報→基準としての歴史、社会的構造に形成された社会価値意識・規範(照合)→現象ないし間違った特定の判断と評価→非友好的態度・感情→排除」とされる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者に対する偏見・差別とその社会的背景について
    (1)はじめに
     精神障害者に対する偏見・差別は、未だ社会の中に根強く残っており、それが彼らの地域生活・社会参加の機会を奪う大きな一要因となっていることは間違いないであろう。例を挙げれば、グループホームに越してきた精神障害者たちに対して「気狂い」と直接的に精神障害者へ発言し、挨拶も受け付けず出て行けと言う隣人、住民の気持ちを考えろと訴え、精神障害者を「何をするか分からない人達」と定義し、専門職の説明に聞く耳を持たない町内会長。彼らの行動は極端に映るかもしれないが、今日の地域社会を鮮明に描いているのではないだろうか。もし自分の住む地域で精神障害者関係の施設が建設されるとなれば、同様の反対運動が起こるであろう。このような偏見・差別の形成されている社会的背景を踏まえ、精神障害者の地域生活について考察していきたい。
    (2)問題背景
     精神障害者は健常者に対してマイノリティであると見なされてきた。マイノリティは例外も少なくはないが概して民主主義であっても少数となる為、一般的に法的・社会経済的・その他において不利益を被る事が多い。精神障害者たち..

    コメント1件

    yoshinori 購入
    GOOD!!
    2007/04/30 19:12 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。