大学は都市である

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数137
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    大学は都市であるという仮説に基づいて、都市とは何かという視点から検証する

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「大学は都市である」
    なぜ、都市に住もうとするのか。
    なぜ、大学に行こうとするのか。
    「大学は都市である」という仮説に対して、人の持つエネルギーという観点から大学の在るべき姿について考えてみたい。― ここでいうエネルギーとは、不特定多数の群衆が創り上げる都市空間の状況や、他者との関わりの中で生まれる意欲、モチベーションのことである ―
    都市では、多種多様な人が何かしらの目的を持って(放浪していることもあるが) 一定のタイムリズムの中で生活している。通勤ラッシュや昼食の賑いなど、人を中心にした様々なものの流れは都市の風景を創りだしている。都市は、人・モノ・カネが動いてこそ、都市として活気付いてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。