木材実験レポート

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数587
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験日本試験比較測定圧縮材料目的成長

    代表キーワード

    実験木材実験

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    木材実験一回目
    実験の目的
    次回実験で使用する試験体の切り出し。
    試験体を切り出す際に固さや匂いを確認する。
    柾目と板目の違いを見て確認する。
    使用した道具・材料
    60㎝定規 1個
    さしがね  1個
    赤鉛筆   1本
    紙ヤスリ  粗目1枚、細目1枚
    手鋸    1本
    実験手順
    部材の端部をヤスリがけした。
    縦圧縮試験体・曲げ試験体を指定された寸法にけがいた。
    のこぎりを使用して各部材を切り出した。
    ※切り口が直角になるように注意して行った。
    各部材の端部をヤスリがけをする。
    ※ヤスリがけによって一部分が極端に削られないように注意して行った。
    試験体に班名と材名を赤鉛筆で記入した。
    片づけ・清掃。
    結果
    材の端部は既に整った状態で渡されたので、ヤスリがけは必要ないほどだった。
    心材が含まれないように注意して各試験体を(縦圧縮試験体は一辺30㎜に対して2倍の60㎜、曲げ試験体は一辺30㎜に対して16倍の480㎜の長さで)けがいた。この際、さしがねを使用することで垂直にけがくことができた。
    のこぎりで切り出す際に少し曲がることも考慮して、実際の長さよりも長めに切り出し、後から紙ヤスリで余分を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。