ネッドケリー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,599
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ネッドケリーと彼の一味の無法者の話は、オーストラリアの言い伝えの一部になっている。ネッドケリーという男の勇敢さは、ヴィクトリアとニューサウスウェールズの貧しい田舎の間で大きな賞賛を得て、そのような場所では`as game as Ned Kelly´でとても勇敢なという表現が一般的な使い方となっている。しかし、彼の普及の名声が正確に説明されているのは、表彰によってネッドと彼の一味はオーストラリアのプシュケを深く反映したから-そしてケリー一味の話は激しく警官と争っている犯人達の話によって、表面的に表されるよりは深い琴線に触れて伝えられてきた。
    ネッドケリーの人生、そして彼の死に様は彼の伝説に生の素材を与えた;が、これ以上のものを神話は必要とする。ネッドケリーに依然として与えられている神話的地位は、生きている間でさえもお尋ね者の犯罪者以上の何かを表していたという事実に確固として基づいている。ネッドと彼の一味は全て承知の上で、田舎の地域社会で最も下のレベルにいる生活状況の人々の深い不満の代弁者となった-辺境の土地で自耕自給農業にでさえ不十分であることをしばしば説明するような、考えられないほど小さな保有地で生き抜こうとする小作農や彼らの子供の。
    当局ではこのネッドの典型的な特質を認識していたので、ネッドはこれらの当局と小作農社会を犠牲にして裕福な牧羊業者の利益を守っている堕落した地域の警官によって追われていた。ちっぽけな家畜泥棒が、結局このような手に負えない恐ろしい社会の敵の人物となったのは-彼の世界にそのような専制的な権威を振りかざす人々と交戦中の男という社会の敵に-彼の家族が迫害されていたから。神から授けられた能力とネッドケリーという存在の優越は、彼の一味の他のメンバーがあまり重要でないことを意味し、今でも彼らは短いながらも壮観な生涯を得て英雄的な地位を保つ彼ら一味のリーダーによって、影のような存在のままである。
    エドワードネッドケリーは1855年にヴィクトリアに生まれ、ヴァンディーメンズランドに服役していたアイルランドの元囚人のレッドケリーの息子で、彼の妻はエレンクイーン-貧しい小作農階級から来た家族で、既に家畜盗みという噂を負って、彼らは常に休みなく警官の注目を受けていた。10代前半から、ネッドは田舎の裏の世界の周辺にいた。彼はハリーパワーという名の奥地の山賊と、パワーが捕まるまで手を組み;かれはクイーン家の叔父と家畜泥棒という職業で活躍するのに夢中になっているようで;彼は背が高く体格の良い恐ろしいベアナックル選手のように発育した。また、彼は高慢な鼻をへし折ってやりたいような不良として警官に覚えられていた。1871年、警官との小競り合いの後-警察に対する低俗な言葉と激しい暴行で警察を巻き込んだ-ネッドは馬盗みという、頽廃した田舎の警察による偽りの断言により投獄させられた。16歳の少年が、3年間メルボルンのペントリッジ刑務所で辛い労働という判決を宣告された。不当に対する遺恨は、ここから始まったように見える。
    私たちは田舎のヴィクトリアで、社会や政治の状況を理解する必要がある。もし私たちがトラブルメーカーを厄介払いするというこの警察の偽証という手段の成り行きを分かっていても。1860年代の行動は東北の植民地域のベナラ地区で急速な人口増加をもたらした-ケイリーが住んでいる-その居住者が増加したので、1870年代初期人口は10000人であった。行動はまた辺境の土地を農業生産のものにし、その結果、小麦・麦・干し草やポテトが売られた。この選択方法のマイナス面は

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ネッドケリーと彼の一味の無法者の話は、オーストラリアの言い伝えの一部になっている。ネッドケリーという男の勇敢さは、ヴィクトリアとニューサウスウェールズの貧しい田舎の間で大きな賞賛を得て、そのような場所では`as game as Ned Kelly´でとても勇敢なという表現が一般的な使い方となっている。しかし、彼の普及の名声が正確に説明されているのは、表彰によってネッドと彼の一味はオーストラリアのプシュケを深く反映したから-そしてケリー一味の話は激しく警官と争っている犯人達の話によって、表面的に表されるよりは深い琴線に触れて伝えられてきた。
    ネッドケリーの人生、そして彼の死に様は彼の伝説に生の素材を与えた;が、これ以上のものを神話は必要とする。ネッドケリーに依然として与えられている神話的地位は、生きている間でさえもお尋ね者の犯罪者以上の何かを表していたという事実に確固として基づいている。ネッドと彼の一味は全て承知の上で、田舎の地域社会で最も下のレベルにいる生活状況の人々の深い不満の代弁者となった-辺境の土地で自耕自給農業にでさえ不十分であることをしばしば説明するような、考えられないほど小..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。