植物の進化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数660
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.藻類時代(コケ類)
     藻類の世代は、水中で有性生殖(配偶体)を行い、胞子で無性生殖(造胞体)を行う。そして、暖かく乾燥した日に胞子を飛ばすようにしているのである。また、コケに関しては、細胞壁が非常に薄いため、茎が立たない。そのため、コケ類は背丈が低いのである。
    2.シダ植物時代
     シダ植物は、藻類の弱点であった細胞壁を厚くすることによって、大型化した。大きいものでは30mほどあったこともある。しかし、巨大化したことによって、有性生殖が不可能になってしまった。そこで、胞子をつくり、湿地の地面へ落とし、そこで前葉体が発生し、湿地内の水中で有性生殖して、成長させるという生殖方法を取った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                  植物の進化
    ・植物の進化
    1.藻類時代(コケ類)
     藻類の世代は、水中で有性生殖(配偶体)を行い、胞子で無性生殖(造胞体)を行う。そして、暖かく乾燥した日に胞子を飛ばすようにしているのである。また、コケに関しては、細胞壁が非常に薄いため、茎が立たない。そのため、コケ類は背丈が低いのである。
    2.シダ植物時代
     シダ植物は、藻類の弱点であった細胞壁を厚くすることによって、大型化した。大きいものでは30mほどあったこともある。しかし、巨大化したことによって、有性生殖が不可能になってしまった。そこで、胞子をつくり、湿地の地面へ落とし、そこで前葉体が発生し、湿地内の水中で有..

    コメント2件

    moenaoki 購入
    良かったです。
    2007/01/21 1:50 (9年10ヶ月前)

    hn830928 購入
    参考にします
    2007/03/12 21:26 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。