両生類と爬虫類の進化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数552
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    両生類が繁栄した時代は、石炭紀とペルム紀であり、その時代の三角州湿地帯を格好の生息地として適応放散し、多様な種類が存在した。当時の両生類の代表格には、歯のエナメル質の部分の断面が、迷路状にいりくんでいることに由来し、迷歯類と呼ばれている仲間がいる。迷歯類はさらに椎骨の形態によって、エンボロメリ類とラキトム類に分類される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

               両生類と爬虫類の進化 
     今回のレポートでは、魚類の後に出現した両生類と爬虫類について詳しく述べたい。
    1.両生類
     両生類が繁栄した時代は、石炭紀とペルム紀であり、その時代の三角州湿地帯を格好の生息地として適応放散し、多様な種類が存在した。当時の両生類の代表格には、歯のエナメル質の部分の断面が、迷路状にいりくんでいることに由来し、迷歯類と呼ばれている仲間がいる。迷歯類はさらに椎骨の形態によって、エンボロメリ類とラキトム類に分類される。
     エンボロメリ類は、四肢骨はひ弱で、陸上での歩行よりも、尾を用いての水中での生活にたけていたようである。それとは対照的に、ラキトム類は陸..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。