魚類の進化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,135
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート古生物進化

    代表キーワード

    古生物魚類の進化

    資料紹介

    .動物の進化
     古生代カンブリア紀、オルドビス紀と言えば、無脊椎動物時代であるが、その後の、シルル紀頃から現れたのが魚類であり、デボン紀まで魚類時代が続く。今回は、魚類の進化について詳しく述べてゆきたい。

    1.魚類
     まず、それまで繁栄していた無脊椎動物と魚類の決定的な違いは、魚類には脊索があるということである。原索動物から無顎類(甲皮類)、有顎類へと進化し、そこから軟骨魚類、硬骨魚類へと分かれていったと考えられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    魚類の進化
    .動物の進化
     古生代カンブリア紀、オルドビス紀と言えば、無脊椎動物時代であるが、その後の、シルル紀頃から現れたのが魚類であり、デボン紀まで魚類時代が続く。今回は、魚類の進化について詳しく述べてゆきたい。
    1.魚類
     まず、それまで繁栄していた無脊椎動物と魚類の決定的な違いは、魚類には脊索があるということである。原索動物から無顎類(甲皮類)、有顎類へと進化し、そこから軟骨魚類、硬骨魚類へと分かれていったと考えられている。
    ・無顎類(甲皮類)
     この種の魚の特徴は5つあり、それを下にまとめた。
     1.甲殻を持つ
     2.鋭敏な鼻
     3.眼の発達(1個の松果体を含む)
     4.聴覚側線系の..

    コメント1件

    seitai38 購入
    もう少し情報量が多い方がよい。
    2006/07/27 16:12 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。