進化の大爆発

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数243
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    エディアカラ動物群の発生を経て、古生代のカンブリア紀に入ると、それまで30種ほどしかいなかった動物群が、一気に1万種近くまで増えたのである。これを、バージェス動物群と呼ぶ。この時期に、単細胞から棘皮動物、原索動物にいたる各系統の動物が出現したのである。
     カンブリア紀の動物同士の関係が面白いので、それについて少し述べたい。まず、バージェス動物群も、はじめのうちは有機物を食べていたと考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                  進化の大爆発
    .進化の大爆発
     エディアカラ動物群の発生を経て、古生代のカンブリア紀に入ると、それまで30種ほどしかいなかった動物群が、一気に1万種近くまで増えたのである。これを、バージェス動物群と呼ぶ。この時期に、単細胞から棘皮動物、原索動物にいたる各系統の動物が出現したのである。
     カンブリア紀の動物同士の関係が面白いので、それについて少し述べたい。まず、バージェス動物群も、はじめのうちは有機物を食べていたと考えられる。しかし、種類が増えてくると、肉食動物が出現してきたようだ。というのも、有機物を摂取してエネルギーを作り出すよりも、動物を食すことによってエネルギ..

    コメント1件

    kincsem1874 購入
    参考になりました、ありがとうございます。
    2006/07/04 0:09 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。