単細胞から多細胞へ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数612
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート古生物生物細胞

    代表キーワード

    多細胞古生物単細胞

    資料紹介

    細胞には、原核細胞と真核細胞の2種類がある。原核細胞は核膜で囲まれた核をもたない、葉緑体、小胞体、ミトコンドリアなどもみられないものである。細菌類やラン藻類などが原核細胞である。逆に、真核細胞は核膜で囲まれた核があり、葉緑体、ミトコンドリアなどの細胞小器官が存在する者で、細菌類やラン藻類以外のすべてが真核細胞である。
     ここで、原核細胞と真核細胞の違いを表にまとめる。

    そのような真核細胞をもった生物が誕生したのも、この時期である。その誕生には、様々な説があるが、最も有力な説として共生説がある。共生説とは、原始的原核生物に、原始的好気性細菌や原始的ラン藻類が取り込まれて、それらの原核生物が共生することによって真核生物が生じたと考えられているものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                単細胞から多細胞へ
    .細胞の共生
     細胞には、原核細胞と真核細胞の2種類がある。原核細胞は核膜で囲まれた核をもたない、葉緑体、小胞体、ミトコンドリアなどもみられないものである。細菌類やラン藻類などが原核細胞である。逆に、真核細胞は核膜で囲まれた核があり、葉緑体、ミトコンドリアなどの細胞小器官が存在する者で、細菌類やラン藻類以外のすべてが真核細胞である。
     ここで、原核細胞と真核細胞の違いを表にまとめる。
    原核細胞 真核細胞 核膜の有無 無 有 細胞小器官の有無 無 有 主な例 細菌類
    ラン藻類 原核細胞の
    もの以外
     そのような真核細胞をもった生物が誕生したのも、この..

    コメント1件

    kincsem1874 購入
    参考になりました、ありがとうございます。
    2006/07/03 23:33 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。