直接援助技術の展開過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数654
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    直接援助技術の展開過程について
    直接援助技術は、利用者自身への直接的な2つの固有な方法からなる援助技術、個別援助技術と集団援助技術という伝統的な特徴ある援助技術から構成されている。
    専門的援助は、時間の流れに沿って一定の手順と方法で計画的に実施される。
    個別援助技術は、利用者との出会いから始まり、生活問題の解決とともに終結する。これを「援助の展開過程」という。
    援助の展開過程は、インテーク(受理面接)からアセスメント(事前評価)、プランニング(援助計画)、インターベンション(具体的なサービスの提供・介入)、モニタリング(介入効果の分析・評価)、エバリュエーション(事後評価)を経て終結する。
    援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。