集団援助技術の理論と内容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数820
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術の理論と内容について
    現在、集団援助技術にはいくつもの理論的モデルがあるが、その源流は、1960年代の主な理論である「社会的目標モデル」「治療モデル」「相互作用モデル」「生態学システムモデル」の理論体系に要約できる。
    グループワークとは、援助者が行うものであり、利用者が行うものではないということである。つまり、グループワークとは援助者が用いる体系的援助実践方法のことである。
    援助者は、利用者がグループ活動の経験から、効果があるように援助する。この効果的かつ最善の援助を生み出すために、援助者は理論に基づいた配慮ある働きかけをしていくのである。
    これらの意味からも、グループワークを行う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。