社会福祉援助技術の歴史的展開について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数959
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術の歴史展開について
    近代的社会福祉以前の助け合いは、血縁や地縁の同質の集団内部での助け合いに限られていた。
    狭い集団の範囲をこえたものではなく、今日的な意味の社会制度的な福祉には発展しなかった。
    こうした原初的な助け合いの枠を超えるものが「慈善」「博愛」という考えである。
    ヨーロッパでの産業革命後の社会では、それまでのような小規模で個人レベルの慈善や博愛ではなく、そこから発展して組織化・事業化されたことにより民間の社会福祉事業が発達した。
    YMCA、YWCAに代表される青少年運動の団体が活動を開始する。
    COS(慈善組織協会)の活動は、今日の個別援助技術(ケースワーク)や地域援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。