社会福祉援助技術の独自な社会的機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数457
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術の独自な社会的機能について
    社会福祉援助技術の社会的機能としては、次の4つがある。
    制度の個別化
    多くの人々に共通する福祉ニーズに効果的に対応する制度を個別化すること。
    主体的展開化
    個々の人間の主体性を支援するものであり、潜在的可能性を最大限に発揮させる諸機能のこと。
    組織の連帯化
    社会福祉機関、施設、その他の関連機関が連帯感を深め、社会福祉供給主体を重層化すること。
    改良化
    社会的に阻害されている市民の福祉ニーズを把握し、補権利を護るため、適切で有効な施策や制度の改良、創設を実施すること。
    この4つの機能に共通するものは、個人や家族を護り、地域社会の福祉を高めることである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。