「児童福祉法」改正の動向について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数886
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童福祉法」改正の動向について
    第二次世界大戦後の日本は、貧しさと混乱の中にあった。街には戦災孤児、浮浪児、飢えた子どもたちがあふれ、これらの子どもたちは放浪して物乞いをし、盗みをする者もいた。このような社会状況の中で、児童の保護は緊急の課題となっていた。そこで政府は、1947(昭和22)年、すべての児童の健全育成のための「児童福祉法」を制定した。
    児童福祉の理念として児童福祉法の第1条に「すべての国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、かつ育成されるよう努めなければならない」と謳われている。そして第2条では、児童の保護者だけでなく国や地方自治体にも児童を健やかに育成する責任があることを明記..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。