子育て支援策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数844
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子育て支援策について
    児童の第一義的な養育責任は保護者にあることは従来から変わらないが、少子化の進行、夫婦共働き家庭の一般化、家庭や地域の養育機能の低下など児童を取り巻く環境が大きく変化する中で、次世代の子どもを健やかに産み育てる環境づくりが重要な政策課題となってきている。
    子育て支援が問題となる根拠として、少子高齢化社会の問題があげられる。非生産性人口の増加より社会的な相互依存のバランスが狂い財政破綻、治安維持の崩壊、人命の危機に陥るに至ることが考えられる(必至である)。また有能な女性が、子供を預けることができないというだけで仕事をあきらめているのは社会的にも損失である。
    昔は当然のことであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。