ケースワークの7原則について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,664
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースワークの7原則について
    福祉の重要な原則に「バイステックの7つの原理」がある。
    これは、アメリカの社会福祉学者であるフェリクス・バイステックが示した、
    ケースワーク(個別援助)における援助関係の原則である。
    援助者と利用者の間に望ましい信頼関係を築くためにとるべき基本的態度
    について、7つの基本原則をあげている。
    個別化
    利用者一人ひとりが異なることを認識し、個々の利用者に応じた援助をする。
    意図的な感情表現
    利用者が自分の感情を自由に表現できるように意図的に働きかける。
    統制された情緒的関与
    援助者は自分の感情を統制し、個々の利用者にあった効果的な対応や
    応答をする。
    受容
    利用者がど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。