光合成の作用について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数648
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「自然界では植物が光合成作用により無機物から有機物を作り出す。この一連の過程と重要性を明らかにせよ。」
    現在、地球上のすべての生物が営む運動・成長・生殖などのすべての生命活動のエネルギーは太陽の光エネルギーに依存しており、その光エネルギーを生物が利用できる有機物中の化学エネルギーへと変換できるのは緑色植物と光合成細菌だけである。細菌の中には太陽の光エネルギーに依存せずに、無機物を酸化する際に生じる化学エネルギーによって、有機物を合成できる化学合成細菌もあるが、地球全体の有機物生産の大部分は緑色植物によって行われている。光合成によって大気中や水中の二酸化炭素が有機物に同化され、この有機物が緑色植物自身の構成成分となるだけでなく、呼吸の基質として使われたり、動物に食物として摂取されて動物体の構成成分となったり呼吸の基質として使われる。呼吸に使われた有機物は最終的には二酸化炭素として排出される。また、これらの動物や植物の遺体や排出物は、土壌中の細菌や菌類によって分解され、再び二酸化炭素として排出される。そして、それらの二酸化炭素を緑色植物が吸収して再び光合成に利用することで、炭素は自然界を循環しているのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自然界では植物が光合成作用により無機物から有機物を作り出す。この一連の過程と重要性を明らかにせよ。」
    現在、地球上のすべての生物が営む運動・成長・生殖などのすべての生命活動のエネルギーは太陽の光エネルギーに依存しており、その光エネルギーを生物が利用できる有機物中の化学エネルギーへと変換できるのは緑色植物と光合成細菌だけである。細菌の中には太陽の光エネルギーに依存せずに、無機物を酸化する際に生じる化学エネルギーによって、有機物を合成できる化学合成細菌もあるが、地球全体の有機物生産の大部分は緑色植物によって行われている。光合成によって大気中や水中の二酸化炭素が有機物に同化され、この有機物が緑色植物自身の構成成分となるだけでなく、呼吸の基質として使われたり、動物に食物として摂取されて動物体の構成成分となったり呼吸の基質として使われる。呼吸に使われた有機物は最終的には二酸化炭素として排出される。また、これらの動物や植物の遺体や排出物は、土壌中の細菌や菌類によって分解され、再び二酸化炭素として排出される。そして、それらの二酸化炭素を緑色植物が吸収して再び光合成に利用することで、炭素は自然界を循..

    コメント3件

    tetuji13 購入
    参考になりました。
    2006/11/25 12:05 (10年前)

    masacha1210 購入
    参考にさせていただきます。
    2007/04/16 15:21 (9年8ヶ月前)

    nayu0909 購入
    参考になった
    2007/06/17 9:34 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。