中心統合という教科教育の構造について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数248
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     中心統合とは、一つの科目を中心として、他科目との関連をもって知識体系を構築しようとするものである。歴史的には中世ヨーロッパでの神学を中心とした教育に例を見る。現在の学校教育、特に自分が受けてきたものを考えると各教科間のつながりというものはあまり意識されていなかったふしがある、何を理解するにも一つの固定した視点というものが必要になることもあると考えられる、多角的に物事を見るということも一つ大事な事であるとは考えられるが、特定の視点を定めてその視点から他の分野を見るという目を育てる教育も必要ではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中心統合という教科教育の構造について
     中心統合とは、一つの科目を中心として、他科目との関連をもって知識体系を構築しようとするものである。歴史的には中世ヨーロッパでの神学を中心とした教育に例を見る。現在の学校教育、特に自分が受けてきたものを考えると各教科間のつながりというものはあまり意識されていなかったふしがある、何を理解するにも一つの固定した視点というものが必要になることもあると考えられる、多角的に物事を見るということも一つ大事な事であるとは考えられるが、特定の視点を定めてその視点から他の分野を見るという目を育てる教育も必要ではないだろうか。
     自分は国語の教員を目指しているので、国語を一つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。