王陽明の教えに学ぶ教育システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数322
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    王陽明の教えに学ぶ教育システム
     大学に「ゆとり教育」世代が入ってくる、先生のお話の中に出てきたこの言葉から、私がずっと考えていた事がまた湧き上がってきた、「ゆとり教育」、学ぶ事を減らし、休みを増やすことが本当の意味でのゆとりを育成することにつながるのだろうか。どうして学ぶ内容を減らすのだろうか。思惑として考えられるのは、内容を理解できない生徒がいるため、学力に差がひらいてしまうのを改善しようとしたということぐらいであろう。しかし私は問いたい、なぜ内容を減らすのか、そうではなく内容を理解させるもっと良い方法を考え出すのが先ではなかろうか。本レポートでは、「ゆとり教育」を生み出した昨今の教育システムを王陽明の教えから学んだ事から修正を試みる。
     王陽明の弟子、銭緒山は、善悪は確かに存在し格物・致知・誠心・誠意は全て、悪を去り善をなして、善の性を回復することである、という有善有悪(四有説)を唱えた、無善無悪(四無説)を説いた王竜渓は、善悪が有る状態はまだ真理を悟ったとは言えず、善悪を判断するということを認識すること無くして善悪を判断する、人間が意識せず歩くのと同じように。一見お互い対立する説であったためにどちらが正しいか王陽明先生に聞いてみようということになり、王陽明は次の内容のことを答える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    王陽明の教えに学ぶ教育システム
     大学に「ゆとり教育」世代が入ってくる、先生のお話の中に出てきたこの言葉から、私がずっと考えていた事がまた湧き上がってきた、「ゆとり教育」、学ぶ事を減らし、休みを増やすことが本当の意味でのゆとりを育成することにつながるのだろうか。どうして学ぶ内容を減らすのだろうか。思惑として考えられるのは、内容を理解できない生徒がいるため、学力に差がひらいてしまうのを改善しようとしたということぐらいであろう。しかし私は問いたい、なぜ内容を減らすのか、そうではなく内容を理解させるもっと良い方法を考え出すのが先ではなかろうか。本レポートでは、「ゆとり教育」を生み出した昨今の教育システムを王陽明の教えから学んだ事から修正を試みる。
     王陽明の弟子、銭緒山は、善悪は確かに存在し格物・致知・誠心・誠意は全て、悪を去り善をなして、善の性を回復することである、という有善有悪(四有説)を唱えた、無善無悪(四無説)を説いた王竜渓は、善悪が有る状態はまだ真理を悟ったとは言えず、善悪を判断するということを認識すること無くして善悪を判断する、人間が意識せず歩くのと同じように。一見お互い対立する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。