デューイの教育思想とカリキュラムについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,169
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ジョン・デューイ(1859〜1952)はそれまでの教育を以下のように批判した。まず一定量の知識を一方的に教師から生徒へ伝える教育であったこと、反復や暗記が主であり、子供の学びに焦点を当てたものではなく、教える側から見て有益であるところの効率重視であった、また画一的であり、柔軟性や多様性に欠けていた。次に科学技術の発展による大量生産、市場経済の発展により大きく変化した社会に対して、教育方法は旧態依然としたものであることであった。
    それらの問題を解決するためにデューイによって提唱されたものとして、プラグマティズム(為すことによって学ぶ)がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

             デューイの教育思想とカリキュラムについて
     ジョン・デューイ(1859~1952)はそれまでの教育を以下のように批判した。まず一定量の知識を一方的に教師から生徒へ伝える教育であったこと、反復や暗記が主であり、子供の学びに焦点を当てたものではなく、教える側から見て有益であるところの効率重視であった、また画一的であり、柔軟性や多様性に欠けていた。次に科学技術の発展による大量生産、市場経済の発展により大きく変化した社会に対して、教育方法は旧態依然としたものであることであった。
     それらの問題を解決するためにデューイによって提唱されたものとして、プラグマティズム(為すことによって学ぶ..

    コメント1件

    hvidkanin 購入
    参考になりました。ありがとうございました。
    2007/01/29 21:57 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。