菊と刀の読後感想レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,849
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    忠臣蔵は主に主君に対する義理、と忠の葛藤についての物語であるが、様々な〈恩〉が関係している。〈恩〉は上述の特徴を備えたものである。主君に対する〈恩〉に報いる行為(義理)と、将軍に対する〈恩〉に報いる行為(忠)が、どうしても相反する行為になってしまうのだが、浪士たちは復讐をし、自害することでその両方を果たす。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『菊と刀』の読後感想レポート
    本レポートは以下の6点について論じる
    データ採取の目的は?
    2.データ採取の手法は?
    3.日本人が重視する〈恩〉の特徴とは?
    4.忠臣蔵と〈恩〉の多重性の関係とは?
    5.どのような教育が日本人の心をつくりだすか?
    6.現代社会ではすでに見られない現象、また逆にいまだに見られる現象は?
    1.データ採取の目的は?
    まず、データ採取の目的であるが、戦争の事後処理(占領政策)を考える上で、日本人の思想とそこから出てくる態度、行動を予測し、どのように事後処理を進めていくかを知るためである。
    2.データ採取の手法は?
     データ採取の手法として、在米日本人への質問、先人が書いた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。