エミールを読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,336
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    エミール」はルソーの教育理論を語った書である。書名にもなっている「エミール」は、ルソーが自分の教育理論を実践するために架空に創り出した、子供で、生まれた時からルソーの教育理論に従って育てられる子供である。
    「エミール」では、ルソーは学校教育について語っているのではなく、家庭内教育をおもに扱っているように見える、しかしここからでも学校教育(教師-生徒間の関係など)に生かせる観点はたくさん見受けられた。 
    ルソーは基本的に自然状態、子供の自然を曲げずに教育するやり方が良いと考えている。「造物主の手を出る時は、あらゆるものは皆善きものであるが、人間の手に渡るとそのすべてが悪しきものになってしまう。」という文からも明らかであろう。
     書評ということなので、なるたけ全体的なことに注意しながら、教育学で習ったことに関連させて書いていこうと思う。
     まず教師と生徒の関係について述べた部分がある、北星余市高校の義家先生がおっしゃっていた内容と関係があると思われる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「エミール」を読んで
     「エミール」はルソーの教育理論を語った書である。書名にもなっている「エミール」は、ルソーが自分の教育理論を実践するために架空に創り出した、子供で、生まれた時からルソーの教育理論に従って育てられる子供である。
    「エミール」では、ルソーは学校教育について語っているのではなく、家庭内教育をおもに扱っているように見える、しかしここからでも学校教育(教師-生徒間の関係など)に生かせる観点はたくさん見受けられた。 
    ルソーは基本的に自然状態、子供の自然を曲げずに教育するやり方が良いと考えている。「造物主の手を出る時は、あらゆるものは皆善きものであるが、人間の手に渡るとそのすべてが悪しきものになってしまう。」という文からも明らかであろう。
     書評ということなので、なるたけ全体的なことに注意しながら、教育学で習ったことに関連させて書いていこうと思う。
     まず教師と生徒の関係について述べた部分がある、北星余市高校の義家先生がおっしゃっていた内容と関係があると思われる。「まったくのところ、一人の少年に四年間付き添っているのと、二十五年間彼を導いていくのとは、大変な違いだ…」というあ..

    コメント8件

    itosehaltu 購入
    たすかりました。どうもです。
    2006/06/06 22:02 (10年6ヶ月前)

    sukisukisu 購入
    ありがとうございます★大変役に立ちました!
    2006/06/10 13:09 (10年6ヶ月前)

    yuuka1105 購入
    参考になります
    2006/07/27 0:44 (10年4ヶ月前)

    tatu73kayo 購入
    ありがとう
    2006/08/11 0:50 (10年4ヶ月前)

    tashirosato 購入
    助かりました。ありがとうございました!
    2006/09/17 19:24 (10年3ヶ月前)

    momoneko 購入
    助かりました☆ありがとうございます
    2006/09/22 12:52 (10年2ヶ月前)

    koshi_koshi 購入
    助かりました。
    2006/11/26 13:46 (10年前)

    yukihana 購入
    参考になりました。
    2007/01/27 16:24 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。