レプリカントは人間的か非人間的か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数335
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
     映画「ブレードランナー」に登場する「レプリカント」は人間的か非人間的か、という問をたてながら「非人間的なもの」を読み、関連する部分を抽出し、コメントをする形ですすめてゆく。
    本論
    『記憶装置はあらゆる生物を制御し、また生物を機械的な集合体以上により環境に適合した技術的な物体にするものです』(p.18 身体なしで思考することは可能か)とある、記憶装置はレプリカントにも搭載されているようで、経験したことを頭のメモリに入れてその後の行動の礎にしていくさまを見ても記憶装置を搭載していることがわかる。この点で言えばただの物よりも人などの生物に近いものがある。
     『思考という複雑な技術的装置のハードウェアとして、身体を見なすことができます。』(p.17 身体なしで思考することは可能か)とある。
     身体は人間とかわらない外観(ハードウェア)を持っているレプリカントであるが、思考(ソフトウェア)は人間とどのように違うか、または同じだろうか?レプリカントの思考はプログラムで、ネクサス6型ではプログラムに無いような突発的な問を発せられると処理ができなくなってしまうという欠点があり、人間に特有の思考の柔軟性に欠ける。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ~レプリカントは人間的か非人間的か~
    はじめに
     映画「ブレードランナー」に登場する「レプリカント」は人間的か非人間的か、という問をたてながら「非人間的なもの」を読み、関連する部分を抽出し、コメントをする形ですすめてゆく。
    本論
    『記憶装置はあらゆる生物を制御し、また生物を機械的な集合体以上により環境に適合した技術的な物体にするものです』(p.18 身体なしで思考することは可能か)とある、記憶装置はレプリカントにも搭載されているようで、経験したことを頭のメモリに入れてその後の行動の礎にしていくさまを見ても記憶装置を搭載していることがわかる。この点で言えばただの物よりも人などの生物に近いものがある。
     『思考という複雑な技術的装置のハードウェアとして、身体を見なすことができます。』(p.17 身体なしで思考することは可能か)とある。
     身体は人間とかわらない外観(ハードウェア)を持っているレプリカントであるが、思考(ソフトウェア)は人間とどのように違うか、または同じだろうか?レプリカントの思考はプログラムで、ネクサス6型ではプログラムに無いような突発的な問を発せられると処理ができなくなっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。