モデル小説はプライバシーの侵害になるか?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,220
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.プライバシーの権利とは?その本質とは?
    日本の裁判所は“宴のあと”事件で初めて憲法に基礎づけられた権利として、プライバシーの権利を取り上げた。この事件で裁判所は、プライバシーの権利を自由権の側面を強調し、私人が他人の私生活に介入することを排除する「私生活をみだりに公開されない法的保障ないし権利」と定義した。そして、プライバシー侵害の要件として、公開された内容が、 
    ?私生活上の事実または事実と受け取られるおそれがあること
    ?一般人なら公開を欲しないであろうこと
    ?一般の人々に未知であること
    という三要件を呈示した。これらの要件がその後の判断基準となった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    9.モデル小説はプライバシーの侵害になるか?
    1.プライバシーの権利とは?その本質とは?
    日本の裁判所は“宴のあと”事件で初めて憲法に基礎づけられた権利として、プライバシーの権利を取り上げた。この事件で裁判所は、プライバシーの権利を自由権の側面を強調し、私人が他人の私生活に介入することを排除する「私生活をみだりに公開されない法的保障ないし権利」と定義した。そして、プライバシー侵害の要件として、公開された内容が、 
    ①私生活上の事実または事実と受け取られるおそれがあること
    ②一般人なら公開を欲しないであろうこと
    ③一般の人々に未知であること
    という三要件を呈示した。これらの要件がその後の判断基準..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。