日本は難民をもっと受け入れるべきか?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,924
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    日本では他国に比べて難民の受け入れが大変少ないという指摘がある。実際にデータでもって比較をしてみると日本がG7内で最も低く22人、対してアメリカは20000人、カナダは13990人、日本の次に少ないイタリアでも1650人である。なぜ日本は難民の受け入れが少ないのか。また、日本はこのままでいいのだろうか。

    第一章 
    本章では日本の難民受け入れについて法的な面から検討してみる。まず、日本国憲法では日本国民に基本的人権を保障している。また、外国人においてもマクリーン判決や通説などにおいて、認められない権利もあるが基本的には憲法によって保障されている。
    難民の認定は「出入国管理および難民認定法」によって規定されているが、その内容は主に難民申請の決まりと異議申し立て、そして難民旅行証明書というパスポート代わりのものについてである。この法律に関しては改正案が出ているがまだ改正にはいたっていない。この出入国管理および難民認定法でいわゆる60日ルールが記載されているが、これは難民申請は日本に入国後60日以内に申請をしなければならない決まりである。例外も認められてはいるもののこの60日という期間が過ぎていたという理由のみで難民認定されなかった例も多い。
    また、難民認定されなかった際に異議申し立てができるが異議申し立てをしても日本の場合それが覆されることが非常に少なくわずか2%である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    オリエンテーションゼミ最終レポート
    日本は難民をもっと受け入れるべきか?
    はじめに
    日本では他国に比べて難民の受け入れが大変少ないという指摘がある。実際にデータでもって比較をしてみると日本がG7内で最も低く22人、対してアメリカは20000人、カナダは13990人、日本の次に少ないイタリアでも1650人である。なぜ日本は難民の受け入れが少ないのか。また、日本はこのままでいいのだろうか。
    第一章 
    本章では日本の難民受け入れについて法的な面から検討してみる。まず、日本国憲法では日本国民に基本的人権を保障している。また、外国人においてもマクリーン判決や通説などにおいて、認められない権利もあるが基本的には憲法によって保障されている。
    難民の認定は「出入国管理および難民認定法」によって規定されているが、その内容は主に難民申請の決まりと異議申し立て、そして難民旅行証明書というパスポート代わりのものについてである。この法律に関しては改正案が出ているがまだ改正にはいたっていない。この出入国管理および難民認定法でいわゆる60日ルールが記載されているが、これは難民申請は日本に入国後60日以内に申請をしな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。