クラッシェンが提唱している第二言語習得に関する五つの仮説

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,704
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    クラッシェンが提唱している第二言語習得に関する五つの仮説について述べなさい。
    スティーブン T. クラッシェン(Stephen T. Krashen)は第二言語習得に関する以下の「五つの仮説」を挙げ、理論的に裏づけた。
    ①習得―学習仮説(Acquisition-learning Hypothesis)
     成人が効果的に第二言語を習得する方法は二つあり、その二つははっきりと区別されるという仮説。
     第一の方法は、言語習得による方法で、実際の伝達のために言語を使って習得する方法である。これは、子どもが自然に母国語を習得するように、自然な方法で、しかも無意識に習得する過程である。
     第二の方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。