アングロサクソン及びノルマンの侵入がイギリスにもたらした影響

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数993
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アングロサクソン及びノルマンの侵入がイギリスにもたらした影響について述べなさい。 
     ローマ時代の末期、紀元前5世紀の半ばに、今のデンマークおよびエルベ川下流にいたゲルマン民族のアングル人、サクソン人がイギリスに侵入をはじめ、それまで住み着いていたケルト民族のブリトン人を駆逐あるいは混血して定住し、アングロ・サクソン7大国を建国した。彼らはそれまでのケルト語とは全然別のゲルマン語をもたらし、8世紀ごろまでにグレート・ブリテン島はアングロ・サクソンの土地となり、現代のイギリス人の人種的基礎となった。それに伴い、ローマ風の地名を改めて州を作るなどの新しい文化を創り、それは今日のイギリスの文化的基礎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。