エリザベス朝演劇の概観

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,174
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エリザベス朝演劇を概観しなさい。
     エリザベス朝観劇とは、政治的にはエリザベス一世の統治時代(1558-1603)の観劇を指すが、広くは次のジェイムズ一世の時代(1603-25)、さらにはチャールズ一世の時代(1625-49)の演劇まで含んでいわれることが多い。エリザベス朝になって、これまでの旅役者はパトロンから支援を受けるようになり、職業集団としての地位を築き、演劇が質量ともにこの時代繁栄したが、その背景には芝居好きの女王の支援があったと言われる。
     エリザベス朝観劇はオクスフォード大学とケンブリッジ大学を出た大学才人たちが劇作に力を注ぐことによって興隆の緒についた。オクスフォード大を出たジ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。