エマスンの文学論について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数594
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エマスンの文学論について述べなさい。
     エマスンは19世紀アメリカの超絶主義の中心人物で、思想家・哲学者であり、随筆家・詩人でもあった。一般に国民の教師と呼ばれた彼は、アメリカのエマスン以前の思想と文学はすべて彼の中に流れ込み、以後の思想と文学は彼から出発する。 
     1841年発刊の「エッセイ・第一集」に収録された「芸術」の中で、「芸術は模倣ではなく、創造である。風景画において画家は我々が知っている以上の被造物を暗示すべきである」と述べて、ロマン派の芸術観を指示している。「エッセイ・第二集」の「詩人」において、「詩人であることのしるしであり、それを証明するものは、その人が今まで誰も語らなかった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。