ヘミングウェイの代表的な長編小説について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,127
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヘミングウェイの代表的な長編小説について述べなさい。
    ヘミングウェイを一躍有名にした小説は「日はまた昇る」である。この本の見返しに書かれた’You are all a lost generation.’という言葉が、「失われた世代」の出所である。この作品を中心として、対戦に参加してその体験を身に背負い、アメリカに帰国した後ふたたびヨーロッパにわたった作家たちが、ロスと・ジェネレーションの作家と呼ばれた。「日はまた昇る」は対戦で負傷して性的不能となった新聞記者のジェイク・バーンズとブレット・アシュレーを主人公として作品である。エピソードの連続でストーリーらしいストーリーはなく、主人公の二人にから..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。