18世紀の小説の勃興及びその担い手について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数701
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    18世紀の小説の勃興及びその担い手について述べよ。
    18世紀は小説という新しいジャンルが誕生し、急速に成長した時代であった。17世紀において政治的混乱や宗教的狂信を体験したイギリスは、18世紀にはいって理性と良識を求めるようになり、人々はいわば神に向けていた眼を社会と人間に向け始める。このころ社会の実権を握りつつあった市民階級が文学に求めたのは、事実あるいは事実らしい写実的な物語であった。小説は彼らの読み物として発達し、文学形式として新しいだけでなく、書き手と読み手が一般庶民にまで広がったという意味でも画期的であった。
     この要望に応えたのがスティールとアディソンである。彼らは協力して定期刊..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。