ヴィクトリア時代の詩について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数813
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヴィクトリア時代の詩について述べよ。
     ヴィクトリア時代は産業革命による功利主義思想や物質文明の繁栄により、人々は精神的なものよりも物質的なものに強い関心をよせた。実証的・功利的なヴィクトリア朝は、詩的創造に関しては不毛な時代であった。
     この時代の代表的詩人はテニソン(Lord Alfred Tennyson, 1809-92)である。彼は女王から庶民にまで愛された国民詩人である。彼の詩は美しい韻律を駆使して、抒情詩の中に科学的思想や形而上的理想を盛り込み、進化論的科学思想と宗教のモラルのとの間に生まれる懐疑と不安を表現した。1833年に学友のハラム(Arthur Henry Hallam)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。